ニュースリリース

  • 2018/09/20特定術式のNCD術前前向き登録について
  • 特定術式のNCD術前前向き登録について

    関係各位


     平素より症例登録にご協力を賜り深く御礼申し上げます。

     現在,特定術式の『K695-2 腹腔鏡下肝切除術(亜区域切除,1区域切除(外側区域切除を除く.),2区域切除及び3区域切除以上のもの)』に関しましては,NCD登録と肝臓内視鏡外科研究会registryの2つに登録のご協力をいただいておりますが,手術予定日が2018年10月1日以降の症例を対象にNCD登録へ統合され一本化されます.それに合わせてNCD登録項目に変更が生じますことご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます.


    <肝臓内視鏡外科研究会registry統合NCD登録の開始日時>

     手術予定日:2018年10月1日(月)以降
     ( ※ 2018年9月27日(木)13時以降よりご登録頂けます。 )


     肝臓内視鏡外科研究会registryに関しましては10月1日(月)以降も肝臓内視鏡外科研究会の症例登録システムへの術後情報の登録を引き続きお願いいたします.


    【対象症例】

     肝臓内視鏡外科研究会の症例登録システムにおいて【 2018年9月30日(日)】までに術前登録および手術が予定された,腹腔鏡下肝切除全症例.


    日本消化器外科学会ホームページ「特定術式のNCD術前前向き登録について」


    日本消化器外科学会 理事長 瀬戸 泰之
    日本消化器外科学会 データベース委員長 掛地 吉弘
    肝臓内視鏡外科研究会 代表世話人 金子 弘真
    若林  剛
戻る